2010年02月16日

国母君への叱咤激励と日本代表について

まずは国母君の話。

もういいじゃないかという気もするけど、
少し書きたいことが出てきたので書いてみる。

それはこの記事を読んだから。
プロパガンダファクトリー:スノーボーダーの「品格」

こちらの方を代表するように、
「あれはスノボの文化じゃないか」ということだ。
それはまるっぽ否定する話じゃないし、そんなもんかなーとも思う。

でも、決定的に引っかかるのは、
例えば、サッカーの試合前GKはグローブの甲にあるメーカー名を見せるように写真撮影を行うし、
スキー競技、先日のモーグルでもジャンプでも、終わって採点待ちみたいな間に、板の裏をTVに見せメーカー名を撮影させる。

なんでそんなことをするかと言えば、
自分を援助してくれるスポンサーの為だよね。
契約に含まれてるんだよ!という反論はあるんだろうけど、
選手の立場からしたら、その程度の見返りでサポートしてくれるなら
「お安い御用だ」
ということなんだと思う。
色んな選手が試合後にメーカーとかスポンサーに感謝するのも、
それまで色んな援助を受けてきたことへの率直な気持ちからだろう。

じゃ、翻って、腰パンで出てきたあの場面。
あのスーツは支給品だろうし、着てくるように指示があったんでしょう。
じゃあ、自分がどうこうじゃなくちゃんと着てこなきゃ。
スポンサーや自分の為だけでなく、
周りの同行するコーチや他の選手、未来の選手団の為にもさ。

服装の指定が無い自由な時間は好きな格好をしたらいい。
そんな時こそ自分のセンスだったりポリシーなりを大いに見せるべきだ。
でも、あの場面は違うよね。
スポンサーが期待する着こなしがアレなら誰も何も言わないけどね。
自分のこだわりのせいで、今後スポンサーがつかなくなってしまったら、
自分だけじゃなくって周りや後輩の未来を潰すことになるんよ。
それでも本当にいいの?

どこぞの見ず知らずが不快に思ったなんてどうでもいいけど、
スポンサーへの敬意・配慮はそこにはあったんだろうか、と思う。
その1点だけは国母君へ猛省を促したい。
答えは試合で見せてくれるのが一番だ。
それを心の底から期待してる。ガンバレ!

あと、やくみつるがこの件でしゃしゃり出て来たのが一番不快だ。
すっこんでろ。


次に日本代表の話。
最初に書いておくと、岡田監督はW杯まで指揮するべきだと思う。
今さら替えてもが半分、現状でもってぶつかって力の差を測って欲しいのが半分、といったところが理由。
ただ、どんな結果であれ終わったら替えて欲しい。
それはサッカーうんぬんじゃなくって、そろそろ戦術的に新しいものが見たいから。
ヨーロッパの有名無名は問わないけど、できるだけ日本を知らない、
戦術に一家言持ってる監督がいい。

岡田監督への批判は凄まじい。
曰くサッカーがつまらない、とか采配がダメだとか。
まぁその辺は酒場談義の延長なので聞き捨てられる。

でも、ちょっとほっとけないなと思うのが
目標ベスト4とか言うな
という類のもの。

有名所では宇都宮さんのこれ
スポーツナビ 「ギロチンマッチ」の行方(2/2)
東アジア3位のチームの監督が、この期に及んで「(W杯)ベスト4の目標は変えない」などと大言壮語しているのである。常識的に考えるなら、もはや噴飯物以外の何ものでもないだろう。


これはハッキリ言って理解できない批判だ。

じゃあ目標は何だったらいいの?
勝ち点1以上?1勝?予選リーグ突破?
これだったら現実的な目標ですか?
この目標でも日本が普通にやったら可能だとでも思ってますか?

オレは全くそうは思わない。
必死に考えて、必死にトレーニングやって、多少の運も手伝って、
得られる結果がこの程度だと思う。
得られず全敗だって想定の範囲内というとこだろう。

ベスト4という目標は本当に遠い。
でも、それは勝ち点1が目標でも、1勝が目標でも
やらなきゃいけないことにそんなに違いはあるんだろうか?
1勝を得るためにトレーニングを積ませるくらいなら、
もっと遠いとこに目標おいて必死のパッチで努力させるべきじゃなかろうか。
埋めなきゃいけない課題を、足元からちょっとづつベスト4に向かって埋めていくことがそんなに無謀なことなんだろうか。

東アジア選手権は散々だった。
明らかにフィジカル面でのキレを欠いたのが敗因だろう。
ほとんどと言ってイイくらい、ドリブルで抜けなかった。
パスだけで勝負しようとする様を見ての感想は、
バレーが移籍したあとの甲府@たけし軍団、そのままだった。
もっとドリブル、大きなサイドチェンジ、ミドルシュートを使わないと、深めのラインを引いた相手には今後も攻めあぐねるだろう。
あっさりボールを渡して、自陣に誘い込んでカウンターという手もあるし、改善の余地はまだまだある。

それに何より大切なのはまずはJリーグ。
選手にハッパをかけ、尻をたたき、時には怒りw
日々のフィールドを大切にしなきゃ、ベスト4なんてそりゃ夢のまた夢。

欧州標準だの4−2−3−1だのしか言わない杉山茂樹如きが
批判できる資格があるとでも思ってんのかと。
代表の試合ちょろっと見ただけで何を知った気になっとんねん。
もっとJ1を見ろ、J2やJFLを見ろ。育成年代も欠かすな。

というわけでwもうすぐ開幕Jリーグ。
一瞬一瞬を大切に、そして熱く、そして楽しみましょう。
posted by へいず at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック