2010年06月19日

ワールドカップ!

なんやかんや言ってもワールドカップは楽しいですね!
昔とは違って全試合見れますし、カード的に期待薄かなーと思っていた試合が好ゲーム連発だし。

日本代表もカメルーンに勝って好発進。
今年の頭、東アジア選手権からの数試合は、W杯を戦う為の布石だったんでしょう。
3ボランチやり出したのも今年に入ってからだし。

今期開幕時点での各選手のコンディションがめちゃくちゃだった(特にヤット)のは未だに文句言いたいとこですけれどもw


議論の分かれるとこだとは思いますが、岡田監督は、
「アジアを勝ち抜くサッカー」と「W杯を戦うサッカー」を明確に区別されているのでしょう。

確かにアジア予選などでは日本に対して、引いてカウンターとしてくるところもありますが、W杯では日本を草刈場にすべく向かってくることが多い。

反対される方はトルシエの例で反論されるのでしょうが、彼はそもそもアジア予選はやってないんですよね。あくまで勝ったのはアジアカップ。ホーム&アウェイでもなく予選リーグと言っても一発勝負。

4年掛けて決勝トーナメントに行けるチーム作りが出来たトルシエと、
まずはアジアを勝ち抜くのがまず最優先、その後1年程で世界と勝負させられる岡田とでは前提も条件も違うわけで。

東アジア選手権とキリンチャレンジという興行をもテストに使うしかなかったのかな?というのが今になっての感想。
今だから言えることやけどねw
クソ寒い中に行った人にせめてもの慰めになれば。
長居に行ったオレもこれで納得することにしますw


それにしても批判は凄まじかったですな。
「全敗しろ」の金子達仁や杉山茂樹なんかを筆頭に。
金子達仁は逆神なんでこのまま日本をボロカスに言い続けて頂くとしてw

手の平返しは別に良いけどさ、

結局、頭が悪い選手が多すぎるし、自分で考えられない奴に、言うこと聞かせることも出来ない、と。

とか
稲本と阿部のボランチコンビって、よく考えなくても、どっちも頭で考えるより身体が先に出るタイプだよね、そういうオブラートに包むことを一切止めると、アホコンビなんだよね。


などと過去に書かれているこの記事を書いた人



基本の基本部分を忘れて、接近展開なんちゃらとか、オレ流とか、一人称しか出てこないサッカー理論で世界4位になろうとは、おこがましいにも程がある。


などと過去に書かれているこの記事を書いた人

は、日本が勝って喜ぶ前に南アに向けてジャンピング土下座するのが先ちゃうけ。
ここまで罵倒しといて、応援してるとかサッカーを愛してるとか誰が信用するか。

批判するなとは言わん。するなら最低限の敬意が要るやろ、と。
自分で金出して、全試合どこであろうとスタジアムで観てるわけでもなく、
かつてワールドカップを制したような選手や監督でもないんだったら。
批判されるべき点は確かにあった。でも批判するときに守るべきマナーがあるやろ。
それができないんだったらチラシの裏にでも書いてろって。
自分が出来ないことを、一生懸命やってる人達にあまりに失礼だ。


さて、怒りをぶちまけたとこでw
今大会で越えてほしいなーと思ってたラインが、勝ち点2以上or得点3点以上
だったので、勝ち点はあっさり越えちゃったw

カメルーンに勝って、一気にマスコミや世間が盛り上がった。
ちょっと落ち着けw と周りには言ってるけどどうでしょうね。
なんとか決勝トーナメントには行って欲しいけど簡単じゃないやね。

ま、オレに出来るのは日本から念を送るだけなんで。
くいが残ることが無いように、目一杯頑張ってください。
頑張れ!\ニッポン/!
posted by へいず at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153753245

この記事へのトラックバック