2014年06月25日

日本代表がW杯で敗退したので色々書いてみる

負けちゃいましたねぇ。
まずは、日本代表チームお疲れ様でした。まずはゆっくり休んでくださいな。

今日は仕事もおざなりにw、オレが思うところの敗退原因を考えてました。
あくまで結果論ですのであしからず
以後つらつらと。

1.コンディショニング
 試合会場が蒸し暑かったのに、イトゥという土地が涼しかったからダメだったんだ、というのはオレはナンセンスだと思います。だって予選で同じ状況ばっかりだから。
逆にその当たりのノウハウが豊富だからこそ、日常は穏やかに過ごせるとこを選んだのかなと。

 そっちではなく時差の調整方法に問題があったのでは無いかと。
ストイコビッチや遠藤の談話記事だったと思いますが、時差は東に行く時がキツイんですってね。
今回代表は 日本で集合し、アメリカで合宿をして、ブラジル入りしましたね。ずっと東に移動。
欧州組が主力に名を連ねる昨今だと、一度日本に集合というのはデメリットが大きすぎるんじゃなかろうかなと。
欧州で集合、アメリカ合宿、ブラジル入りなら一応西に移動でずっといける。主力の欧州組の負担も減るしね。まぁスポンサー絡みがあるであろうことは想像に難くないですが、そこは結果が大事ということで。

2.メンバー選出と采配
 監督の采配批判て結構はぁ?と思うもんが多いんですがね。クロスの高低まで監督のせいにしてるのも見たなぁw 批判の多かったパワープレーに関しては、ツネが言ってることが全てかな。パワープレーの為に豊田を選んどけば、とはオレは思わない(但し別の理由で豊田にしとけばと思ってるけどそれは後で)

まず1つ目は、3−4−3が熟成/習得できなかったこと。
これは選手の特性とかにも関わっちゃうけども。4バック慣れしすぎてて、3バックとの併用がなかなかしっくりこなかった。だからといって浦和と広島の選手を並べたら逆のことが起きるだけというのが容易に想像できるので4バックに絞ったのかなと。ポゼッションサッカーつぶしに3or5バックというのが流行りだしたとこだったもタイミング悪かったかな。
ただ1戦目のCIV戦に途中から3バックへのスイッチができてれば、との思いは拭いきれないかな。左からのアーリークロス、というか香川・長友コンビをあの試合でも活かしながら守備も固く、とできたんじゃないかと思う。

2つ目は選手起用と交代。
 遠藤を後半で投入という作戦は成功体験があってのものなのである程度仕方なかったかなぁと。頭から見たかったけどね。連戦大好きと公言してるくらいやし、使ってるウチによくなるタイプでもあるんでちょっとなぁと思わんでもない。
 あとパワープレー、というか最後に吉田のヘッドってのはアジアカップで成功体験があるから選択するのもやむなし、というのもある。

ギリシャ戦は大久保・岡崎でゴールを、と考えると交代や使えなかったカードが、
コロンビア戦はいかに大久保にゴールを取らせるか、で考えていくと交代カードが、
割と合点がいく。(青山に関しては守備面がイマイチだったように思う。)
齋藤学については、もっとオープンな展開の時に使うつもりやったんかなぁと。ドリブルが魅力だけどもカウンターが得意な相手でカウンターを受けやすい状況を作ってしまってた後だったのでリスキーだったとは思うかな。あと替える人が思いつかなかった。

やっぱり、大久保に尽きるような気がするんよね。大久保自身が悪かったとかじゃなくて。
呼ぶならもっとはよ呼んどけば、というのはあるし、それかあっさり本大会でも呼ばずにいたか。例えば替わりに豊田とかね。
大久保の調子はすごく良かったし、監督にもよく映ったんだと思う。だからほぼ軸で考えるに至ったと。
でもギリシャ戦、コロンビア戦は、大久保の異質感というか、周りとの合って無さをすごい感じたんよね。
「4年間積み上げた自分たちのサッカー」の象徴、香川−本田−岡崎の3人が使い分けてた『オイシイ場所』を食い合ったというか、重なってしまったシーンが目についた印象がある。

こうして見れば、ザックがブレたようにも見えるし、代表の試合でいつも詰めてる日本をよく知るサッカージャーナリスト(笑)達から「3−4−3はダメ」とか「なんで大久保を呼ばない」とか言い続けられたから参考にした、とも言えるやね。

そんなこんな。
posted by へいず at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック