2007年06月29日

聞くに堪えない

久々ニュースから。

憤る本村さん「聞くに堪えぬ3日間の審理」(iza)

この3日集中審議とかって連日報道されてました。
「ドラえもん」だの「魔界転生」だの言葉が乱れ飛びました。

色んなサイトを見たり、死刑反対派のサイトも見ました。
なぜ俗に言う「死刑反対派」は今回の弁護団の主張を信じ込める
のかが理解できませんね。何度読み返してみても。
これだけマスコミで弁護団のやり口が批判されてるわけですよ。
「死刑反対派」こそ今回の弁護団に抗議すべきじゃないですかね。

最高裁では事実認定には疑問を呈さず、安田弁護士等の提出の
弁論書は一蹴されたわけです。

真剣に謝罪しまくって、反省しているところを見せてた方が良かったんでは?
オレを含めて外野は演技だと文句は言うでしょうけどね。
情状酌量の余地を自ら削っちゃったんで、
より死刑に近づいたんような気がします。

裁判もっと早く終らせて、本村さんの肩の荷を少しでも軽くしてあげて。
今回みたいなアホな主張を何度も聞かせるなんて、
外野のオレが堪えられヘンわ。
posted by へいず at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | その他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46174310

この記事へのトラックバック

山口県光市の母子殺害事件 本村さん会見「聞くにたえない3日間だった」
Excerpt: 連日、このニュースにふれるたびに気持ちが落ち込む。 嫌なニュース暗いニュース酷いニュース・・・たくさんあるけれど、この事件にはほんとうに心に鉛を呑んだような気分にさせられる。 事件概要 犯人..
Weblog: こんな本を読んだ。
Tracked: 2007-06-29 08:43