2011年03月08日

2011年J1第1節 vs弱い方の大阪戦

今になってうpw


試合は全く負ける気がしない内容でしたし割愛してw

この試合を最も象徴的に表すシーンは試合後にありました。
負けた弱い方の選手たちがゴール裏に挨拶をしそのまま帰って行くところ。
正直言って「あら今日もブーイング無しかよ」と思っていると
(注:どうも少量のブーイングはあったのかな?こちらまでは全く聞こえない代物でしたが)
アドリアーノのヒーローインタビューが始まるなり、

ブー(ゴール時の歓声以外では一番声が出てたのがこれ)

はぁ?


と。お前らは一体何をしとるんだと。
勝つ気が無いのに「REAL OSAKA」とか出すなよ。そんなヘタレは大阪ちゃうねん。
2ちゃんねる覗いてみたらコールリードしてるヤツが「拍手したりましょう」とか言ったとか。
負け豚根性此処に極まれり
やね。
もうね、ダービーマッチに値しなくなるよね。ここまで相手がダメダメだと、

もっと必死にやれよ。お前らがダービーマッチたりえなくしてるんやで。
大阪のサッカー熱を冷やそうとしてるんやで。
中島みゆきのファイトって歌の歌詞ぴったりやわ。

こっちはこっちで勝手にやるしか無いね。
1戦1戦必死になって頑張りましょう。
posted by へいず at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ガンバ系ブロガーが選ぶ2010年ガンバ大阪MVP

さて企画最後はMVP。

まずは個人的にノミネートしたのは次の3名。

・藤ヶ谷陽介
・遠藤保仁
・宇佐美貴史

ハッシーだって明神だって将生だってルーカスだって入れたいんですけどね。
こればっかりは仕方がないってことで。

で、MVPは・・・・・



藤ヶ谷陽介選手です!パチパチ。



2010年シーズン、どこかスッキリしなかったのは
大ピンチを作られまくったからじゃないかとw

新しく加入したジェルソンの効果もあるんでしょうけど、
セーブだけじゃなくハイボールにも安定感がありました。
代表に入ってもイイと思うんですけどねぇ。若手ばっかりでも仕方ないと思うんですが。

もう新シーズンまで2週間なんですねぇ。
シーズンが終わったときは開幕まで遠いなぁなんて思ったもんですがw
アジアカップあり、個人的に半月板の手術をし、であっという間だったかもw

2011年シーズンも楽しんで行きましょう!
posted by へいず at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ガンバ系ブロガーが選ぶ2010年ガンバ大阪ベストゴール

お次の更新はベストゴール。


なんやかんやでJで1番点取ったんやから、そら色んなのがありましたねぇ。

印象的な候補としては
・J6節 大宮戦@大宮の前半の平井
・ACLGL 水原三星戦@万博の宇佐美
・J13節 浦和戦@万博のロスタイムのヤット
・J15節 神戸戦@神戸の宇佐美
・J23節 弱い方戦@万博のミチ

などなど思いつきますが、やっぱり1位はこれ

J26節 大宮戦@万博の宇佐美のゴール!


ですパチパチ。
これは現地で本当にサブイボがブワーッと出たゴールでした。
色んな専門家が語ってるので解説はいらんかな。
でも、「あーこれで遠くに行ってしまうかもな」と思ってしまったくらいすごかったと思います。
posted by へいず at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

ガンバ系ブロガーが選ぶ2010年ガンバ大阪ベストマッチ

企画もん以外更新していない気がしますがw

今日も企画参加で更新します。

さて今日はまずベストマッチを。
なーんか波に乗ったような乗れなかったようなで気がついたら2位だった、
とそんな印象だった2010シーズン。

印象に残ってる試合を挙げると

劇的系
・ACLGL 水原三星戦@万博(宇佐美が飛ぶように入ってきたゴルにはサブイボ
・J13節 浦和戦@万博(浦和には無双なヤットのゴル。でも2−1で勝っとけw
・J22節 新潟戦@新潟(ドドーーーーー

快勝系
・Jの大宮戦両方w(大宮での平井に出した宇佐美のパスがベストアシスト。
 万博で決めた宇佐美のゴルはサブイボ
・J18節 仙台戦@仙台(牛タン旨かった!!!
・J15節 神戸戦@神戸(チケ代高いんじゃボケ!
・J最終節 清水戦@清水(ルーーーカスーーーー

とか色々ありますが、
オレが選ぶベストマッチは。。。。。。。。。。。。。。




Jリーグ23節 大阪ダービー 弱い方の大阪戦@万博です!パチパチ



この試合は技術とか戦術とか勢いとかそんなのだけじゃなく、
あの時のガンバ大阪全体としての力を見せつけた試合だと思うんですよ。

クラブのフロントとサポ連合の下準備、あの日あの場所に集ったサポが醸しだした・発露した雰囲気が
相まって最高の舞台、そして絶対に勝つという舞台を作れたと思います。
選手もそれに見事に応えてくれました。(ちょっとヒヤヒヤな気もするけどw)

そして実際のとこセレッソの選手のコメントでもあちらのサポのブログでも
あの雰囲気(変換できた)に飲まれたというのが多数ありましたしね。

毎試合あれくらいのふいんき(何故か変換できない)を出せればいいんですけどねw
それは中々難しいわな。
でも、あれよりもっともっとイイ雰囲気醸し出せるようにはしたいもんですね。

と、今年の抱負も述べながら、ベストマッチの選定とさせていただきます。
posted by へいず at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

【2010年プチオフ企画】思い出の天皇杯

お久しぶりでございますw

ついったーで日々刻々で言いたいことを吐いちゃうと中々ブログを書くキッカケがないもんです。

で、企画に乗ってみるテストw


一番印象に残ってる試合。
それは2008年シーズンの締め括りの1つ前。
88回大会の準決勝、横浜Fマリノス戦@国立競技場 です(パチパチ

夢のようなCWCの時間を過ごし、もう1度ACLに出て勝ち上がるんだ!
と気力だけは充実してたものの、もうクラブだけでその年の60試合目。
ゴール裏から見ていても、体のキレは全く無く、前半の最初から足が動いていない有様。

前後半終えて延長線前の休憩時には
「なんでマリノスはこのガンバに勝てんの?」
とか
「これマリノスの方がヤバイやろw」
とか、冗談ともつかんことを言ってました。

交代選手が入ってきても全く状況は好転せず、
延長後半に入るときにはたまらず、

「もうイイよ。負けて休もうや。見てて痛々しいわ」

とそんなことを考えてました。
あとで聞いたら金森社長も同じようなことを言ってらしたそうですが。

でも、最後の最後まで手をたたき、声をだしてたら、

山崎のゴ〜〜〜〜〜ル!!!!!!!

もう感動するのは勿論のことですが、満身創痍にも関わらず勝ってしまった選手たちには、
恐れ入るやら、尊敬するとしか言えません。

今まで観てきた中で唯一「負けてもいい」そう思った試合なので、
本当に印象に残ってます。

posted by へいず at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ワールドカップ!

なんやかんや言ってもワールドカップは楽しいですね!
昔とは違って全試合見れますし、カード的に期待薄かなーと思っていた試合が好ゲーム連発だし。

日本代表もカメルーンに勝って好発進。
今年の頭、東アジア選手権からの数試合は、W杯を戦う為の布石だったんでしょう。
3ボランチやり出したのも今年に入ってからだし。

今期開幕時点での各選手のコンディションがめちゃくちゃだった(特にヤット)のは未だに文句言いたいとこですけれどもw


議論の分かれるとこだとは思いますが、岡田監督は、
「アジアを勝ち抜くサッカー」と「W杯を戦うサッカー」を明確に区別されているのでしょう。

確かにアジア予選などでは日本に対して、引いてカウンターとしてくるところもありますが、W杯では日本を草刈場にすべく向かってくることが多い。

反対される方はトルシエの例で反論されるのでしょうが、彼はそもそもアジア予選はやってないんですよね。あくまで勝ったのはアジアカップ。ホーム&アウェイでもなく予選リーグと言っても一発勝負。

4年掛けて決勝トーナメントに行けるチーム作りが出来たトルシエと、
まずはアジアを勝ち抜くのがまず最優先、その後1年程で世界と勝負させられる岡田とでは前提も条件も違うわけで。

東アジア選手権とキリンチャレンジという興行をもテストに使うしかなかったのかな?というのが今になっての感想。
今だから言えることやけどねw
クソ寒い中に行った人にせめてもの慰めになれば。
長居に行ったオレもこれで納得することにしますw


それにしても批判は凄まじかったですな。
「全敗しろ」の金子達仁や杉山茂樹なんかを筆頭に。
金子達仁は逆神なんでこのまま日本をボロカスに言い続けて頂くとしてw

手の平返しは別に良いけどさ、

結局、頭が悪い選手が多すぎるし、自分で考えられない奴に、言うこと聞かせることも出来ない、と。

とか
稲本と阿部のボランチコンビって、よく考えなくても、どっちも頭で考えるより身体が先に出るタイプだよね、そういうオブラートに包むことを一切止めると、アホコンビなんだよね。


などと過去に書かれているこの記事を書いた人



基本の基本部分を忘れて、接近展開なんちゃらとか、オレ流とか、一人称しか出てこないサッカー理論で世界4位になろうとは、おこがましいにも程がある。


などと過去に書かれているこの記事を書いた人

は、日本が勝って喜ぶ前に南アに向けてジャンピング土下座するのが先ちゃうけ。
ここまで罵倒しといて、応援してるとかサッカーを愛してるとか誰が信用するか。

批判するなとは言わん。するなら最低限の敬意が要るやろ、と。
自分で金出して、全試合どこであろうとスタジアムで観てるわけでもなく、
かつてワールドカップを制したような選手や監督でもないんだったら。
批判されるべき点は確かにあった。でも批判するときに守るべきマナーがあるやろ。
それができないんだったらチラシの裏にでも書いてろって。
自分が出来ないことを、一生懸命やってる人達にあまりに失礼だ。


さて、怒りをぶちまけたとこでw
今大会で越えてほしいなーと思ってたラインが、勝ち点2以上or得点3点以上
だったので、勝ち点はあっさり越えちゃったw

カメルーンに勝って、一気にマスコミや世間が盛り上がった。
ちょっと落ち着けw と周りには言ってるけどどうでしょうね。
なんとか決勝トーナメントには行って欲しいけど簡単じゃないやね。

ま、オレに出来るのは日本から念を送るだけなんで。
くいが残ることが無いように、目一杯頑張ってください。
頑張れ!\ニッポン/!
posted by へいず at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

国母君への叱咤激励と日本代表について

まずは国母君の話。

もういいじゃないかという気もするけど、
少し書きたいことが出てきたので書いてみる。

それはこの記事を読んだから。
プロパガンダファクトリー:スノーボーダーの「品格」

こちらの方を代表するように、
「あれはスノボの文化じゃないか」ということだ。
それはまるっぽ否定する話じゃないし、そんなもんかなーとも思う。

でも、決定的に引っかかるのは、
例えば、サッカーの試合前GKはグローブの甲にあるメーカー名を見せるように写真撮影を行うし、
スキー競技、先日のモーグルでもジャンプでも、終わって採点待ちみたいな間に、板の裏をTVに見せメーカー名を撮影させる。

なんでそんなことをするかと言えば、
自分を援助してくれるスポンサーの為だよね。
契約に含まれてるんだよ!という反論はあるんだろうけど、
選手の立場からしたら、その程度の見返りでサポートしてくれるなら
「お安い御用だ」
ということなんだと思う。
色んな選手が試合後にメーカーとかスポンサーに感謝するのも、
それまで色んな援助を受けてきたことへの率直な気持ちからだろう。

じゃ、翻って、腰パンで出てきたあの場面。
あのスーツは支給品だろうし、着てくるように指示があったんでしょう。
じゃあ、自分がどうこうじゃなくちゃんと着てこなきゃ。
スポンサーや自分の為だけでなく、
周りの同行するコーチや他の選手、未来の選手団の為にもさ。

服装の指定が無い自由な時間は好きな格好をしたらいい。
そんな時こそ自分のセンスだったりポリシーなりを大いに見せるべきだ。
でも、あの場面は違うよね。
スポンサーが期待する着こなしがアレなら誰も何も言わないけどね。
自分のこだわりのせいで、今後スポンサーがつかなくなってしまったら、
自分だけじゃなくって周りや後輩の未来を潰すことになるんよ。
それでも本当にいいの?

どこぞの見ず知らずが不快に思ったなんてどうでもいいけど、
スポンサーへの敬意・配慮はそこにはあったんだろうか、と思う。
その1点だけは国母君へ猛省を促したい。
答えは試合で見せてくれるのが一番だ。
それを心の底から期待してる。ガンバレ!

あと、やくみつるがこの件でしゃしゃり出て来たのが一番不快だ。
すっこんでろ。


次に日本代表の話。
最初に書いておくと、岡田監督はW杯まで指揮するべきだと思う。
今さら替えてもが半分、現状でもってぶつかって力の差を測って欲しいのが半分、といったところが理由。
ただ、どんな結果であれ終わったら替えて欲しい。
それはサッカーうんぬんじゃなくって、そろそろ戦術的に新しいものが見たいから。
ヨーロッパの有名無名は問わないけど、できるだけ日本を知らない、
戦術に一家言持ってる監督がいい。

岡田監督への批判は凄まじい。
曰くサッカーがつまらない、とか采配がダメだとか。
まぁその辺は酒場談義の延長なので聞き捨てられる。

でも、ちょっとほっとけないなと思うのが
目標ベスト4とか言うな
という類のもの。

有名所では宇都宮さんのこれ
スポーツナビ 「ギロチンマッチ」の行方(2/2)
東アジア3位のチームの監督が、この期に及んで「(W杯)ベスト4の目標は変えない」などと大言壮語しているのである。常識的に考えるなら、もはや噴飯物以外の何ものでもないだろう。


これはハッキリ言って理解できない批判だ。

じゃあ目標は何だったらいいの?
勝ち点1以上?1勝?予選リーグ突破?
これだったら現実的な目標ですか?
この目標でも日本が普通にやったら可能だとでも思ってますか?

オレは全くそうは思わない。
必死に考えて、必死にトレーニングやって、多少の運も手伝って、
得られる結果がこの程度だと思う。
得られず全敗だって想定の範囲内というとこだろう。

ベスト4という目標は本当に遠い。
でも、それは勝ち点1が目標でも、1勝が目標でも
やらなきゃいけないことにそんなに違いはあるんだろうか?
1勝を得るためにトレーニングを積ませるくらいなら、
もっと遠いとこに目標おいて必死のパッチで努力させるべきじゃなかろうか。
埋めなきゃいけない課題を、足元からちょっとづつベスト4に向かって埋めていくことがそんなに無謀なことなんだろうか。

東アジア選手権は散々だった。
明らかにフィジカル面でのキレを欠いたのが敗因だろう。
ほとんどと言ってイイくらい、ドリブルで抜けなかった。
パスだけで勝負しようとする様を見ての感想は、
バレーが移籍したあとの甲府@たけし軍団、そのままだった。
もっとドリブル、大きなサイドチェンジ、ミドルシュートを使わないと、深めのラインを引いた相手には今後も攻めあぐねるだろう。
あっさりボールを渡して、自陣に誘い込んでカウンターという手もあるし、改善の余地はまだまだある。

それに何より大切なのはまずはJリーグ。
選手にハッパをかけ、尻をたたき、時には怒りw
日々のフィールドを大切にしなきゃ、ベスト4なんてそりゃ夢のまた夢。

欧州標準だの4−2−3−1だのしか言わない杉山茂樹如きが
批判できる資格があるとでも思ってんのかと。
代表の試合ちょろっと見ただけで何を知った気になっとんねん。
もっとJ1を見ろ、J2やJFLを見ろ。育成年代も欠かすな。

というわけでwもうすぐ開幕Jリーグ。
一瞬一瞬を大切に、そして熱く、そして楽しみましょう。
posted by へいず at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ガンバ系ブロガーが選ぶ2009年ガンバ大阪MVP

さて2009年のMVP。

前半戦のペースで後半もやってくれたら間違いなく
レアンドロ
やったけどねw 油の国に行っちゃいましたので。

MVPは(ドラムロール


ルーカス選手

です(パチパチ)
ガンバの中盤を活かすためにも欠かせない人材です。


もう新シーズン。公式戦もあと1ヶ月ですね。
みんな活躍して欲しいです。ヤットにもW杯でて欲しいし。
他にも代表に選ばれて欲しい。
平井・大塚・宇佐美ももっと食い込んで欲しいしね!
怪我には気をつけて、活躍する姿を見せてください。
あと、車の運転にも気をつけろ!w
posted by へいず at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバ系ブロガーが選ぶ2009年ガンバ大阪ベストゴール

さて連投で次はベストゴール。

印象に残ってるのは

・アウェー千葉戦のレアンドロのゴール
・ホーム広島戦のチョジェジンのロング
・ホーム神戸戦のフタのジャンピングボレー
・ホーム浦和戦のバン
・ホーム大宮戦のPJ(というかフタのトラップ&パス)
・ホーム京都戦のルーカス
・天皇杯決勝のヤットの左足ミドル

等々、綺麗なゴールは他にもいろいろありましたね。


さて、ベストゴールは(ドラムロール


ACLアウエーFCソウル戦のレアンドロの3点目

です(パチパチ)
下平→ジェジン→レアンドロの繋ぎから美しかった。
現地では大騒ぎだったなぁ(遠い目

今年も沢山美しいゴールを見せてほしいもんです。
posted by へいず at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバ系ブロガーが選ぶ2009年ガンバ大阪ベストマッチ

ご無沙汰しております。久々ですがブログなぞをw


去年も沢山の試合がありました。
千葉、韓国、大分、浜松、柏、広島、鹿島にも遠征しました。
鹿島以外は負けなしで、各地でうまいもんも食い、いい旅になりましたw

さて、ベストマッチ。

夏のお盆の浦和戦@万博なんかもよかったねー。あれはシビれた。

行ってないのでアレですが、ACLの山東アウェイもよかった。

さて第一位は(ドラムロール)


ACLグループリーグ FCソウル戦@ソウル

です(パチパチ)
2年連続で行ったACLアウェイってのも芸がないんですがw
イイ試合だったし、祝勝会で行った東大門のサムギョプサルも旨かったw

今年も水原に行くので、カルビがとっても楽しみです(マテ

イイ試合を今年も沢山見せてくれるよう期待しています。
posted by へいず at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする